#軽井沢から通勤するIT系会社員のブログ

2015年4月から軽井沢-東京で新幹線通勤中。遠距離通勤やテレワークの話題を中心に綴ります。軽井沢移住の裏話も。

#軽井沢移住者グルメ100選 - そば処 追分そば茶屋

がっつり、そばを食べたい時がある。

 

f:id:sakuraitaito:20190322201102j:plain

 

 

以前このブログでも紹介したとおり、軽井沢やその周辺には多くのそば処がある。どの店も個性があってよいのだが、とりわけ、お腹いっぱいそばを食べたい!と思ったときには、こちらのお店をおすすめしたい。

 
今回の #軽井沢移住者グルメ100選 は、そば処 追分そば茶屋 の紹介。

 

 

 

そば処 追分そば茶屋

  

軽井沢駅から追分方面に向かい、追分宿のちょっと手前。

西部小学校の前に「追分」という信号があるが、そこまで行かないあたりの場所にある。

  

 

 

この看板が目印。店の目の前に駐車スペースが8〜10台ほどあるだろうか。夏のハイシーズンはいつもいっぱいなので注意。

 

f:id:sakuraitaito:20190322192853j:plain

 

 

一戸建ての大きな日本家屋。道を走っていたらよく目立つので、すぐわかるはず。

 

f:id:sakuraitaito:20190322192829j:plain


 

 

店内の様子はこんな感じ。座敷から相席テーブルまで、バラエティ豊かな感じ。なんかこういう店って落ち着くんだよね。

 

f:id:sakuraitaito:20190322193528j:plain

 

シンプルなメニュー

 

メニューは、「うちはそば屋なのでそばしか出していません」というよう感じの直球勝負。

 

冷たい蕎麦が6種類。

 

f:id:sakuraitaito:20190322193452j:plain

 

 

暖かい蕎麦が3種類。

 

f:id:sakuraitaito:20190322193430j:plain


非常にシンプルな構成で好感が持てる。この手書きのメニューもなかなか信州っぽくていいと思う。ずっと変わっていない感。

 

 

天ぷらは驚異のボリューム

 

本題に入る。この日頼んだのは、天せいろそば、1,630円(税込)。

 

天ぷらだけでお腹いっぱいになるんじゃないかというボリューム。海老天は日本。きす、なす、ベビーコーン、ししとう、れんこん、ズッキーニ、かぼちゃ、あとなんだっけな、忘れたけれど、さつまいもは2つ入っていた記憶が。

 

f:id:sakuraitaito:20190322193330j:plain

 

 

そばもかなりの盛りっぷりで、麺の量が半端ない。

 

f:id:sakuraitaito:20190322193241j:plain

 

 

大盛りにすると大変なことになる。素人にはオススメできない。

 

 
 
 
View this post on Instagram

おおもり〜〜 #追分そば茶屋

MASATOSHI TANAKAさん(@mpingo2)がシェアした投稿 -

 

なお、この大盛りは、土日はできないことがあるみたいなので、挑戦したい人は事前に確認しておいたほうがいいかも。 

 

 

 

他の人の感想を見ていても、ボリュームを絶賛する声が多数。

 

 

KAT-TUNがロケで来たこともあるらしいよ。ファンの人にとっての聖地ってやつ。

 

 

 

KAT-TUNほど全国的に有名じゃないかもだけれど、豪雪時の神対応でTwitter民を騒がせたこともある、佐久市長の柳田さんも来ているよ!

 

 

ちなみに、天せいろと天ざるの違いを聞いてみたが、海苔がかけてあるか否かという一点らしい。100円の価格差なので、天せいろがいいだろうか。参考まで。

 

  

 

そばのお持ち帰りも可能

 

このお店ではそばの持ち帰りもやっているので、観光で軽井沢に来たときなんかには、お土産として買って帰るのも有りかも。

 

f:id:sakuraitaito:20190322193052j:plain

f:id:sakuraitaito:20190322193109j:plain

 

 

そば以外にもなんかいろいろ売っている。意外とおせんべいが売れ筋なのだろうか。ほかには、みよたそば、という乾麺や、そばかりんとうなんかも。

 

f:id:sakuraitaito:20190322193140j:plain

 

 

実はかぎもとやの分店

 

店を出てから気づいたのは、この古い看板。

 

f:id:sakuraitaito:20190322193026j:plain

 

f:id:sakuraitaito:20190322193003j:plain

 

よーくみると、「かぎもとや」という文字がうっすら。このブログ読者なら知っている人多いかもだけれど、沓掛宿にある超老舗の分店っぽい。かぎもとやにくらべるとちょっとコシが強いかなあ。かぎもとやはつなぎをほとんど使っていない、ボソボソとした感じ。好みが分かれるかも。

 

 


 

こんな使い方がおすすめ

 

・客層は?:ハイシーズンは観光客で賑わう印象だけれど、オフシーズンは地元の人もよく見かける。国道沿いということもあるので、かなり万人向けのそば処と言えそう。

 

・シチュエーション?:営業時間を考慮すると、お昼の時間のみの営業ということで、ランチ一択。ハイシーズンはほんと混むので、時間をちょっとずらすことは必須かな。

 

f:id:sakuraitaito:20190322192924j:plain

 

・子連れフレンドリー?:座敷があるし、古き良き庶民的なお店なので、全く問題ないはず。書いていて思ったけれど、そば屋ってみんなのもの、という感じがあって、なんかいいよね。

 

現場からは以上になります。

 

 

 

#軽井沢移住者グルメ100選 のアーカイブはこちら。

過去の、軽井沢周辺のランチ・ディナー関連記事が一覧できます。


ということで、このブログ記事が、いつか誰かの役に立ちますように。

 

 

-----------

このブログについて:とあるIT系企業に勤める会社員が、軽井沢から東京に新幹線通勤して、きちんと仕事がまわるのかを実験している記録です。新幹線通勤しようと思った背景はこちらの記事に書いています。

 

各ソーシャルアカウントはこちらです。気軽にご連絡ください

Twitterやってます → @HelloKaruizawa(軽井沢アカウント) / @SakuraiTaito (会社員アカウント) 
Facebookやってます → https://www.facebook.com/sakuraitaito
Instagramやってます → @SakuraiTaito

取材、インタビュー、お仕事などのご依頼は sakuraitaito@gmail.com まで。