#軽井沢から通勤するIT系会社員のブログ

2015年4月から軽井沢-東京で新幹線通勤中。遠距離通勤やテレワークの話題を中心に綴ります。軽井沢移住の裏話も。

#軽井沢移住者グルメ100選 - 食事処 ひらね

長距離移動中の高速道路のサービスエリアだったり、ドライブの休憩がてら立ち寄った道の駅だったり、何かの用事のついでに食事を済ませよう、期待せずに入った店にもかかわらず、意外にも美味しかった、ということがある。

 

何年か軽井沢に住んでいると、東信地域でもそういう店に行き当たることがある。

 

そして、このあたりでは一番の唐揚げを見つけてしまったのだから、この#軽井沢移住者グルメ100選 に選ばざるを得ない。

 

f:id:sakuraitaito:20181021175855p:plain

  

ということで、今回の #軽井沢移住者グルメ100選 は、食事処 ひらねの紹介。

 

 

 

ひらね

 

この店、おそらくではあるが、観光雑誌やグルメ情報誌には載らないお店である。

 

それには理由があって、ここ、日帰り温泉施設「平尾温泉 見晴らしの湯」の中にあるお店なのだ。

 

とりあえず場所から。Google mapはこちら。

スキー場やカブトムシドームなどがある、平尾山公園「パラダ」に併設。

 

 

軽井沢から車で向かうのであれば、岩村田に抜ける県道156号線を目指すと良いかと思う。旅行客の人であれば、佐久平PAのスマートICから出てすぐなので、軽井沢へ行く前や、帰りに寄ってもいいかも。ちなみにピークシーズンの碓氷軽井沢ICは渋滞がすごいので、このスマートICを迂回に使ってもいいかも。

 

温泉施設「見晴らしの湯」の中にあるけれども、食事だけの利用もできる。温泉の受付でその旨を伝えると、黄色いカードを貰える。このバーコードを見せて注文すればいい。

f:id:sakuraitaito:20181021174612j:plain

ひらねの食事カード

 

あっ、ちなみに今回はグルメレビューだけれど、温泉のレビューもこちらにあるので、そちらに興味ある方は合わせてどうぞ。

 

 

 

 

のんびりした雰囲気

 

個人的にここをおすすめしたいのは、そののんびりした雰囲気にある。軽井沢のお店、いいんだけれど、敷居が高いところが多い。その点ここは佐久市、肩肘立てずに家族でのんびりしていたり、地元の友人同士で来ていたり。

 

 

昼間にいくと、地元のおばちゃんたちが談笑していて、休日感ある。トンボの湯があるハルニレテラスもおしゃれでいいけれど、この全くおしゃれでないところが、ゆるーいかんじで良いのである。

 

f:id:sakuraitaito:20181021174903p:plain

 

 

店内も広々している。キャパはかなりあるので、お盆だったり連休でもない限りは、並ぶこともないはず。

 

f:id:sakuraitaito:20181021174951p:plain

見晴らしの湯の中にある、ひらね

 

眺望もすばらしい。佐久平が一望できるし、天気が良ければ八ヶ岳や蓼科まで見えることも。この景色を見ながらの食事が最高。

 

f:id:sakuraitaito:20181021175007p:plain

f:id:sakuraitaito:20181021175023p:plain

見晴らしの湯、食事処ひらねからの眺め

 

 

定食であれば唐揚げ一択

 

次にメニューの紹介。

 

基本的には、みんな定食だったりどんぶりだったり、蕎麦を食べているような感じ。まあ、一般的な日帰り温泉の定食屋と思えばいい。

 

 

定食で一番人気は、唐揚げ定食(880円)。月間500食以上らしい。

 

f:id:sakuraitaito:20181021174552j:plain

 

 

唐揚げは、片栗粉が少し多めで、カラッとした揚げ具合。作り置きはせず、注文が入ってから揚げているのでいつも揚げたてが来る。6個も盛られており、ボリュームもしっかりしてる。

 

f:id:sakuraitaito:20181021174619j:plain

 

 

おすすめは、ご飯をミニいくら丼に変更するオプション。いくらの盛りが半端ない。これで+450円とか。。

f:id:sakuraitaito:20181021174937p:plain

ひらねのミニいくら丼

 

ここまでくると、一人で食べるにはかなりのボリュームなので、うちはだいたいこれともう一品ほど頼んで、夫婦で山分けしてる。この日頼んだのはおでん(580円)。きちんと出汁をとっているようで、深みのある味だった。

f:id:sakuraitaito:20181021174925p:plain

ひらねのおでん

 

 

また、定食のほかにどんぶりもある。ひらね天丼とか、大ぶりのエビ天が3本も入っていてお腹いっぱいになる。味噌汁とお漬物つき。

 

f:id:sakuraitaito:20181021174545j:plain

 

 

天ぷらのクオリティもなかなか。唐揚げもそうだけれど、揚げ物が全般的にレベル高い印象。

 

 

 

なんと出てくるのは十割蕎麦

 

この食事処が、一般的な日帰り温泉よりも頭ひとつ抜け出ているなあと思うのが、蕎麦のクオリティである。

 

f:id:sakuraitaito:20181021174525j:plain

 

なんとここの蕎麦はすべて十割、しかも信州産というのだからすごい。軽井沢でも、十割そばを提供している蕎麦処は「蕎遊子」「志な乃」「きこり」など数店舗なので、貴重なお店である。

 

 

 

お腹が空いたときなんかは、そばとどんぶりがセットになっている「あさま御膳(1,480円)」がおすすめ。最上位の「みはらし御膳」なんかは、そばに加えてお造りと天ぷらもついてくる。1,680円と値段はするものの、十割蕎麦がついてこの値段なので、かなりコスパはいいのではないだろうか。

 

f:id:sakuraitaito:20181021174533j:plain

 

 

 しかしすごいボリュームだ。いつもお腹いっぱいになってしまう。

 

 

お酒やつまみのメニューも

 

定食、どんぶり、蕎麦と紹介してきたけれど、温泉あがりに一杯やりたいという人も多いと思うので、そのあたりのメニューも紹介。

 

評判の唐揚げは単品でも頼める。580円。ほかにも、刺し身、だし巻き卵、小エビの唐揚げなどビールが進むものばかり。個人的にはつぶ貝の唐揚げがおすすめ。いやほんと揚げ物のレベル高い。

 

f:id:sakuraitaito:20181021174600j:plain

 

 

湯上がりの一杯、すごくいい。

 

 

 

そして、佐久は日本酒どころでもある。地酒も置いてあるので、旅行客の人は是非試して欲しいと思う。

 

f:id:sakuraitaito:20181021174916p:plain

 

 

気合い入れて飲むのであれば、宴会メニューも用意されている。試したこと無いけれどかなりのボリューム。3,000円コースと4,000円コース。

 

f:id:sakuraitaito:20181021174855p:plain

ひらね、宴会メニュー

 

 

こんな使い方がおすすめ

 

・客層は?:地元の人が8割、残り2割がドライブ客といったところ。日によってずいぶん客層は変わるかも。平日の夜なんかは地元の人しかいない。

 

・シチュエーション?:食事をしにいくというよりは、温泉ついでということが多いので、個人的には平日の夜にも行ったりする。温泉に入って週の半ばで疲れを取れるので良いし、夕飯も一緒に済ませられるので最高。しかも唐揚げがうまい。

 

・子連れフレンドリー?:温泉施設のお客さんがそのまま流れているので、子供が居ても全然大丈夫。座敷もある。お子様ランチやお子様カレー(各750円)もあるし。最高かよ。

 

f:id:sakuraitaito:20181021190350p:plain

ひらねのお子様メニュー

 

現場からは以上になります。

 

 

 

#軽井沢移住者グルメ100選 のアーカイブはこちら。

過去の、軽井沢周辺のランチ・ディナー関連記事が一覧できます。


 

ということで、このブログ記事が、いつか誰かの役に立ちますように。

 

 

-----------

このブログについて:とあるIT系企業に勤める会社員が、軽井沢から東京に新幹線通勤して、きちんと仕事がまわるのかを実験している記録です。新幹線通勤しようと思った背景はこちらの記事に書いています。

 

各ソーシャルアカウントはこちらです。気軽にご連絡ください

Twitterやってます → @HelloKaruizawa(軽井沢アカウント) / @SakuraiTaito (会社員アカウント) 
Facebookやってます → https://www.facebook.com/sakuraitaito
Instagramやってます → @SakuraiTaito

取材、インタビュー、お仕事などのご依頼は sakuraitaito@gmail.com まで。